創立70周年 神戸基督教改革宗長老会
郭世宗牧師就任感謝礼拝
郭世宗牧師就任感謝礼拝

日本亜細亜福音宣教會及び台湾基督長老教会総会の多大なご尽力と神様のお導きによって台湾から郭世宗牧師を迎えることになり、2020年2月9日午後2時半より、本礼拝堂において本教會創立70周年と郭世宗牧師就任感謝礼拝が粛々と執り行われました。本教会員はもとより、御来賓の皆様にも多数御出席いただき、140名を超すかたがたに御出席いただきましたことを感謝申し上げます。
主禮を務めてくださると共にお説教を賜りました日本基督教団池袋台湾教會 郭寛城牧師をはじめ、祝祷を賜りましたWilliam Moore牧師、大阪中華基督教長老會 李智仁牧師、神戸バイブルフェローシップ Loyd Flaherty牧師、祝歌をいただきました大阪中華基督教長老會 聖歌隊の皆様に改めて深く御礼申し上げます。


 
教会外壁改修工事
教会外壁改修工事

1979年、教会創立30周年を記念し、現在の礼拝堂が落成しました。この壮麗な礼拝堂は、創立者・故マクラクリン牧師の名を拝し「明樂林記念礼拝堂」-Mclauchlin Memorial Sanctuary-と名付けられました。1995年、阪神・淡路大震災で幼稚園も教会も大きな被害を受けますが、1999年、礼拝堂の修復が完成、同時に50周年を記念して鐘楼が設置されました。その後も礼拝堂内部の改修や設備機器交換など、安全で快適に礼拝や集会が行えるように整備を重ねてまいりました。
このたび教会創立70周年を記念し、2019年、外壁・外周を中心に改修工事が行われました。落成当時の面影そのままに美しく整修された礼拝堂に是非お越しください。

改修前

 

改修後

 

2019年12月

 
教会墓園改修工事
教会墓園改修工事

1985年、神戸市立鵯越墓園内に教会墓苑が建設されました。高台の上に建てられた納骨堂からは、四季折々の自然に彩られた広大な墓園や山々の景色を臨めます。2019年、教会創立70周年を記念し行われた改修工事に伴いエントランスに立てられた十字架は、24年前の阪神淡路大震災まで礼拝堂の上に掲げられていたものです。また納骨堂の入り口には、湯川彰(楊彰奮)牧師を記念して讃美歌526番「主よわが主よ」を記したプレートが新たに掲げられました。

改修前

   

改修後